鉄道博物館(2)

鉄道博物館にて
K10D

ヒストリーゾーンは、交通博物館時代に展示された車両を含め、多くの車両が展示されています。交通博物館の時には、少し古びた印象が強かった車両も、薄暗い展示スペースに効果的な照明のため、逆にノスタルジーさえ感じられ美しくもあります。

その他のいわゆる体験コーナーは、既に定員に達していた為、残念ながら、その中身を見ることは出来ませんでした。次回はもう少し早めに家を出発して行きたいところです。

でも、どうしても前身の交通博物館と較べてしまいます。展示の中身は、交通博物館の方が内容も濃く面白かったと思うのは自分だけでしょうか?
せっかく新しく作ったものであれば、これからの交通システムの提案とか、エコへの取り組みなど、公共機関としての使命をもっと全面に打ち出してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*