iPad Air2用にBluetoothキーボードを購入してみた。

ブログの更新は、基本、iPad Air2とiPhone7で行ってます。でも、長文を書くには、やはり辛いものがあります。ならばパソコンでとは思いますが、機動性無いですしね。

そんな訳で、iPad Air2用にキーボードを導入してみました。

急に思い立っての購入なので、あまり深く検討しませんでした。せっかく購入するのなら後で、後悔しないもの、これが唯一の条件です。

結果、購入したもの

Logicool Canvas Keyboard Case for iPad Air 2 – Black
http://store.apple.com/xc/product/HHX92J/A

この手のものでは定評のあるLogicool社のもの。以前、iPad miniでも使ったことがあります。色は赤と黒の二種類。無難に黒を選択。
値段は、¥12,800。

WebのAppleストアで、リアル店舗の渋谷店で当日受け取りが可能なのを確認して、ポチりました。

iPad Air2用キーボード

帰宅後、セットアップ実行

接続はBluetoothなので、特に難しいものは有りませんが、最初ペアリングを行うとき、コードの入力が求められました。このコードは、この購入したキーボードからと気がつくには、ちょっと時間が必要でした(^^)。と言うのも、付属のマニュアルにはこの辺りのことが、全く書いていない。ちょい不親切だと思いますね。
リアルのAppleストアなら、その場で店員さんにセットアップしてもらうのが、一番良いかも。
電源スイッチも特に無く、打鍵状態にするだけで、電源が入り、キーボードが使えるようになります。

使用感など、

まだ、購入して1日ですが、入力するキーボードのタッチはなかなか良いです。十分ブラインドタッチが可能です。この手のキーボードでは、キータッチのストロークもそれなりに有りますので、入力感も良いです。キーボードの上部には、ファンクションキーが配置され、有る程度、キーボードだけでiPadが操作できます。
Untitled
iPadの角度が変えられないのも、ちょっと残念。

質感は、あまり高くは無いですね。キーボードを使用しているときは、プラスチック感むき出し。
背面も一応、合成繊維が貼って有りますが、見た目チープっす。
背面

一応、ケースということですが、キーボードとiPadの綴じ合せは決して良く有りません。
それでも長文を入力するには、iPad本体だけでちまちまと入力するよりは遥かに、早いです。その意味でも、もう少しちゃんと使ってみたいと思います。

その他

この「Logicool Canvas Keyboard Case for iPad Air 2」は、Logicoolのホームページをみても有りません。サポートのページは有りました。マニュアルもこちらからダウンロードできます。Appleストア専用なのでしょうか?この文章もこのキーボードで作成していますけど、なかなか快適に入力できてます。電池の持ちも、1日2時間の使用で4年間、これならバッテリーの充電の心配もいらないのがグッドGood👍。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*