2016年10月中国広東省東莞市での麺活。

今週は3泊4日で出張でした。その間の麺活報告です。
そう言えば、出張期間中、白いご飯を一度も食べて無いことに気が付きました(^^)。

鍋料理の最後に麺を投入して頂く。

アワビの鍋料理
まず最初はここ。アワビの鍋料理が有名らしい。ダシは鶏ガラ。このスープ、煮詰まって来ると、圧倒的な旨さ。

アワビ 鲍鱼美味しいスープ
そこに、麺を投入。しばらく煮込んで頂きます。

麺を投入
麺にスープの旨みがしみて大変美味しく頂きました。

台湾料理店で牛肉麺。

この店は出張の度、必ず訪問してます。特に一人でご飯の時、台湾料理は量が少なめなので、重宝してます。
台湾ソーセージとカシューナッツの炒め物をつまみに青島啤酒(台湾啤酒では有りません)を頂きます。
老青島台湾香腸腰果鶏丁

そして、締めに台湾牛肉麺を注文。細麺か太麺を選べます。私はいつもの通り、太麺で。
台湾牛肉麺@龍面

麺リフトアップ

中国で台湾料理と言うのもなんですが、大変美味しいっす。

チェーン店らしい店で担担麺を頂く。

街歩きをしていたら、担担麺の店を発見。これは行くしかないでしょ。
お店外観
どうやら『陳怡順 擔擔麵』と言うチェーン店のようです。中国には、何度も来てますが、実は担担麺を食べたことがありません。

注文はカウンターで、メニューを見ながら行います。マックみたいです。どれが美味しいか分からないので、日本式の左上の法則で「経典牛肉担担麺」をチョイス。16元。日本円だと250円ほど。安いデスね。

Today's breakfast 20161013

麺アップ

赤くないですね(^^;)。注文時、余り辛くしないでってお願いしたからですか。
日本式の担担麺は、基本は汁ありです。こちらは担担麺の由来通り、汁無しが基本の様です。まずは一口。ピリッと辛くて、美味しいじゃないですか!
トッピングされたピーナッツが食感の変化を楽しめます。

旨かった!

深圳空港内で蘭州拉麺を頂く。

深圳空港のレストランが並ぶ場所で、蘭州拉麺のお店がありました。
そばにはスターバックス(中国語だと星巴克)もあり、時間をつぶすには、良いかも。

早速、着丼。
Today's lunch 20161013

トッピングの具が小皿で提供されます。
具材投入
具材を投入。真ん中の黄色のものは、豆腐の皮です。これ、中国では一般的な食材です。

さて、味はちょい塩っぱいかな。中国の麺料理は比較的、薄味が多いので、味が濃いのは珍しいです。でもまぁまぁ、美味しいですね。
玉子は、煮玉子かと思いましたが、ただの茹で玉子でした。
値段は空港価格で高いです。一杯、78元。日本円だと1,200円。蘭州拉麺なので、ビールもありませんでした。

以上

お店の場所等、必要な情報はコメント欄に書いていただければ、提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*