イスラエルでの食事を紹介してみる。

今までイスラエルには、数年に一回行く程度でした。今年はすでに三回。イスラエルの食事でも紹介したいと思います。

イスラエルと言うと、中東戦争やらパレスチナ紛争などで、危険な国と言うイメージを持つ方も多いと思います。なので、多分、どんな食事をしているのか、想像も出来ないのでは無いでしょうか。

イスラエルは、おおざっぱに言えばユダヤ人の国です。ユダヤ人はユダヤ教を信仰している人達で、民族ではありません。
ユダヤ人はユダヤ教により食事に厳格な決まりがあります。例えば、

1. 肉は蹄がある草食動物はOK。

2. つまり、牛、山羊はOK。ブタは蹄が割れていない上、反芻しないのでダメだそうです。

3. 魚は鱗、ヒレがあるものはOK。

4. イカ、タコやエビもダメと言うことです。

5. ミルクと肉を同時には食べられないらしい。

6. 資格を持った人が解体した肉以外は食べられない。

7. 果物、野菜は問題なく食べたれる。

これから想像すると、食べ物は美味しくなさそうですよね。
それでは、ここから紹介しますね。

ホテルの朝食

2016年イスラエルで
バイキング形式なので、盛り付けがイマイチなのは置いといて、美味しそうでしょ。ただ、ハムやソーセージ、肉類がありません。それは豚肉はダメなのは当たり前ですけどね。それは、チーズがあるからだそうです。つまり、ミルクと肉を同時には食べられない。
まぁ、肉がないこと以外、まずまずの味です。

昼御飯

まずはマック。イスラエルにも当然、マクドナルドはあります。
2016年イスラエルで
味はごく普通でした。マックもコーシェル認定されているのでしょう。チーズバーガーは、多分、無いはず(^^;)。

2016年イスラエルで
これも昼御飯。手前のパンにミートボールのような物が入ったのは、イスラエルでは一般的な食べ物らしいです。ユダヤ料理では無く、地域の料理、つまりアラビア料理とのこと。これ、美味しかったです。ただ、ミートボールでは無く、芋らしい。

晩御飯

ステーキから
2016年イスラエルで
250グラム。

2016年イスラエルで
300グラム。

コーシェルに従って、血抜きがしてあるので、ちょっとジューシーさはありませんが、柔らかくて美味しかったです。ちなみに、こちらの人はウエルダンの焼き加減が好みです。血が滴るような肉がダメなので。

チキンステーキ
2016年イスラエルで
鶏肉は規制はありません。これ美味しかった。

シーフード
2016年イスラエルで
イスラエルは、中東の国と言うイメージから想像しにくいですが、実は地中海に面しているので、シーフードが大変、美味しいです。これはスズキのソテー。

番外編

Israel Jul-2014

Israel Jul-2014
イスラエルでも日本食が人気のようです。これら二枚の写真は寿司です。白米が使われて、巻き寿司に見えますが、これ寿司じゃないっす。彼らはこれで、異国の気分を味わうのだと思います(^^)。

どうでしょう?私個人としては、寿司以外は美味しかったです。あと、ワインが美味しいですよね。ゴラン高原のものは有名らしい。我が家にも、一本ありますよ。
注文するとき、メニューはヘブライ語で書かれておりますが、大きなお店なら英語のメニューもありますので、大丈夫かと。

以上、イスラエルの食事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*