『Amazon Photo』、『Googleフォト』、『flickr』写真ストレージサービス、どれが良いのか?

最近、新しい写真ストレージサービスの『Amazon Photo』を知りました。使ってみた印象と、他のサービス『Googleフォト』、『flickr』と比較をしてみます。

『Amazon Photo』

今年から始まったサービス。Amazonプライムビデオに比べて、地味なのか、私自身は知りませんでした。早速iPad用のアプリをダウンロードして、使ってみました。
特徴は、写真が無劣化、無制限で保存出来る事。後で比較する『Googleフォト』はある制限を越えるとサイズを自動的に小さくして保存するため、劣化すると言えます。後、デジタル一眼レフや高級機で扱うRAW形式も保存出来る(らしい)。
一応このサービスは有料だが、Amazonのプライム会員なら、追加料金は必要なし。
ダウンロードしたアプリから、Amazonアカウントでサインインすれば、iPad用、iPhoneの写真が自動的にアップロードが開始されます。
スマフォには相当な枚数の写真が保存されている人は、このアップロードには、時間がかかる。これは我慢するしかないところですね。

Amazon Photoアプリ

さて、使い勝手ですが、アプリからの使用感なので、すべての機能は使ってないかもしれない。非常にシンプルなアプリです。アップロードした写真を見る、そして共有機能ぐらいしかありません。なのでアップロードした写真を露出変更などの編集機能もありません。

無劣化で無制限、これだけで十分と言えば、十分かもしれないです。

『Googleフォト』

これは昨年始まったサービス。高画質モードだと、無制限でアップロード可能。ただし元のファイルのままではなく圧縮するようなので、多少劣化します。でも、一般的には、それほど気にするほどでは無いと思います。
私もこのサービスは、開始早々から、使い始めています。スマフォの写真フォルダのバックアップでは、初期は時間がかかりましたが、後、たまにアプリを開く事で、新しい写真をバックアップするだけなので、それほど時間はかかりません。

Googleフォト アプリ

露出変更などの写真編集機能もあるし、コラージュも簡単に作成出来ます。
Googleらしいのは、人を識別して検索が可能な事。後、自動的にアルバムやムービーを生成してくれます。例えば、旅の記録みたいなのを、スマフォのGPSを使用して、作成する。
後で、自分で整理するのは、意外と面倒なので、便利な機能だと思います。
劣化する事を気にしなければ、使いやすいと思う。

『flickr』

これは写真ストレージサービスというよりは、本来は写真SNSでした。しかし、3年ほど前に仕様変更があり、無料で1Tまで使用出来るようになった。そのためストレージサービスとしても選択肢に入ってきたわけです。
ただ、『flickr』は、正式に日本国内でサービスを展開していないません。それはアメリカのYahooのサービスだからです。日本のYahooは資本が別なんです。なので、『flickr』を使うには、アメリカYahooのアカウントを取得する必要があります。ちょっと面倒ですね。
そんな訳ですから、iPhone用の公式アプリも日本では配信されていません。

flickr アプリ

使い勝手は、上の二つのサービスはフォトストレージに機能が限られているのに対し、いろいろ事ができます。ブログをお持ちなら、『flickr』にアップロードした写真を貼る事ができますので、自分のブログの容量を気にする必要がないです。

どれが良いのか?

私は、自分で撮った写真をパソコンに取り込むことはしなくなってしまいました。つまり、現在は『flickr』をメインに写真のバックアップをし、『Googleフォト』はサブと言う使い方です。
大事な写真をどうやって保存するか、難しい問題ですよね。パソコンもいずれは壊れます。ミラーリングすれば良いのでしょうが、敷居が高いですよね。
なら、クラウドへと思いますが、突然サービスをやめるなんてこともあり得ます。Googleは過去にいくつものサービスを打ち切っています。『flickr』も最近、アメリカYahooが買収されたと言うニュースも聞こえてきましたしね。
バックアップが目的なら、全部使っておけ、これが答えかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*