台湾旅行記 2016(3) -擔仔麵と滷肉飯-

台湾旅行記の三回目。

二日目、国立故宮博物院へ。二回目の訪問。一回目は20年前。つまり、桃園空港も蒋介石空港と呼ばれてた頃。しかし、人が多い。20年前はもっと空いていたと思う。
半日近く、ここを見学。飽きずにというより、興味深く観れたのは、やはり自分が歳をとったと言うことだろう(^^;)。

見学を終えたのが、ちょうど昼頃、お腹が減ってきた。
ネットで調べて、国立故宮博物院に併設されているこのお店(府城晶華)に決定。

注文は二品。
一つはこれ、擔仔麵。
Short journey to Taiwan 6th August, 2016

もう一品は、滷肉飯。
Short journey to Taiwan 6th August, 2016

この二品は、もともと小さい器で提供されるので、これでも足りないかも。擔仔麵は、担仔麺と表記されることもあります。読み方はタンザイミアン、タンツーメンとも。やはり20年前に台北で食べたのが始まりで 、中国の台湾料理屋でもたまに頂きます。サッパリした味付けでなかなか美味しいっす。
滷肉飯は、日本では「魯肉飯」の方が分かりやすいかも。ゴローちゃんの『孤独のグルメ』台湾編でも、魯肉飯でしたね。牛丼を豚バラ肉に代えたような感じ。これも私の好物(^^)/。

Short journey to Taiwan 6th August, 2016
最後の写真は、家族が食べた「魚のそうめん」。味見したところ、これもサッパリした味付けで美味しかったッス。

ご馳走様

今日はここまで。

お店の情報はこちら、
Taiwanese Food Court(府城晶華)
(+886) 228829393
台湾Silks Palace, 221 Chishan Road Section 2, Shilin, Taipei
http://tabelog.com/taiwan/A5403/A540316/54000969/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*