台湾旅行記 2016(1)

これから、数回にわたって台湾旅行記として記録しようかと思います。

中国には、ほぼ毎月行っているにも関わらず、台湾訪問は、実に20年ぶり。20年前と何が変わったのかちょっと楽しみです。20年前は仕事で、今回は観光ですので、食べ歩きも報告したいですね。

家族で行く観光旅行だと、過去はパッケージツアーの利用でしたが、今回はフライト、ホテルも自分で取りました。この方が自由度が高いですからね。

さて、フライトは中華航空(今はChina Airlineと呼ぶのですね(^^)/)、CI107 9:25発。これだと初日の午後が有効に使えるはず。ところが成田に到着したら、すでに一時間遅れの表示。せっかく早起きしたのにね(-_-#)。

China airlineの機材はエアバス。でも古いタイプの様で、USBもコンセントも有りませんでした。気を取り直して、機内食。せっかくナノで、台湾ビールも頂きました(^^;)。

Inflight meal CI106

4時間弱で台北桃園空港に到着。出発は一時間遅れ、最終的には30分遅れで済みました。よかった、良かった。

まずは、旅行期間中、ネットワークに繋げるためのSIMカードを購入です。自分のiPhoneは、Apple Storeで購入したものなのでSIMフリー機。こういう時に役立ちます。もちろん、中国出張時にも便利に使ってます。

契約したのは、5日間でNTD300。データ通信は期間中、使い放題。テザリングにも対応してます。今NTD1は3.2円程度なので、5日間、日本円で1,000円程度。
この値段なら、滞在中、便利に使えるはずですので、SIMフリーのスマフォをお持ちの方は、絶対契約した方が良いですね。
通話の分は少ないですが、滞在中、家族の日本携帯の番号に何回か掛けましたが、十分でしたよ。

台湾SIMカード
他にも、電話会社も数社ありますし、プランも数種類ありますので、自分にあったものを選ぶのが良いですね。

今日はここまで。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*