スキャナーScanSnap SV600を購入してみた。

カミさんが、学校の役員になり、どうしてもスキャナーが必要らしい。最初はフラットヘッドタイプのスキャナー、それもA3を考えていた。私からすれば、A3のフラットヘッドスキャナーなんて、よほどの理由がなければ、買う理由は無いかなと思う。

ということで、ちょっと調べた結果、富士通のScanSnap SV600が良いのではとなった。もちろんA3にも対応しているので、大判の雑誌を見開きでスキャンできるのは、便利だと思う。この手のパソコン周辺機器を買うのは、しばらくぶりなので、ちょっとイジるのが楽しみでも有る。

アプリのセットアップ

パソコン周辺機器なので、それなりに設定は必要。まずは、アプリケーションのインストール。付属のDVDをパソコンにセットし、アプリをインストール。これは、手順を守れば、特に問題は無いだろう。Windows10では、Autorunの機能が無くなったみたいで、DVDのフォルダーからの作業となったのが、付属のマニュアルとは違うところだった。

SV600のパソコンへ接続。

SV600に付属の電源ケーブルをコンセントへ差し、USBケーブルをパソコンに繋げ、SV600の電源をOnにするだけ。

早速スキャンしてみた。

とりあえず、このSV600に付属のマニュアル、広げると、ちょうどA3サイズ、これをスキャンしてみた。
SV600の脚の部分のScanボタンを押すだけ、あとはパソコンの画面の指示に従えば、簡単に取り込むことができた。付属のマニュアルなので、本来はもっと2値化された情報で十分なのであるが、初期設定では、それなりに階調がつくようだ。まぁ、スキャンした時にデータが無くなるのを防ぐためにも、しょうがないのかも。この辺りは、設定等の項目をいじりながら、最適なスキャン方法をさがしていくしかないかな。

ScanSnap SV-600

カミさんは、本来の使い方をするようだが、私は本や雑誌の自炊をしてみたいと思う。
昨年、iPadを手に入れたことも有り、Kindle版の本や雑誌をたまに購入しているが、電子化されていないものもある。例えば、小説家で言えば、「宮部みゆき」とか「東野圭吾」。あと語学書も電子化されていないのが多い。
中国語の勉強のために、本は購入したが、この本が重くて、持ち歩く気がしない。これが解消できれば良いなと思う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*