虫歯予防になるか。サンスター、G・U・M PLAYを試してみた。

『G・U・M PLAY』とは、

歯ブラシとスマフォが連係し、歯磨きの良し悪しをチェック出来るものです。具体的には、歯ブラシの柄の部分にアタッチメントを取り付け、スマフォとブルートゥースで接続します。アタッチメントには、加速度センサーが内蔵され(てるらしい)、歯磨きの時のブラシの動きを記録するものです。

中身のチェック

サンスターの公式オンラインサイトで購入し、3日ほどで届きました。
パッケージはこんな感じ、エライ軽いッス。
G・U・M PLAY 包装箱

中は、
G・U・M PLAY 中身
軽い訳です。

これがアタッチメント。ここの付属のボタン電池を挿入します。
G・U・M PLAY アタッチメント

使ってみよう。

ブルートゥースでの接続はマニュアル通り。後は、G・U・M PLAY用のアプリをインストールします。アプリは三種類。ユーザー登録すれば、後はアプリの指示に従っていけば簡単に使えるようになります。この辺りは、他でもレビューされてるので、そちらを参照して下さいませ。

さて、感想。

私、基本、歯磨きは苦手。1分だって長く感じてしまう。でも、このアプリを使いながら磨くと、3分は苦にならない感じです。ゴリゴリ磨くと、強すぎです、みたいなメッセージが出ます。小刻みに振動させる様に磨くのがいいみたいです。
アプリも割とよく出来ていて、歯磨きが楽しくなります。

これからは、良くないところを上げてみますね。
歯ブラシとアタッチメントの固定が、ただ差し込むだけで、すぐに外れそうになります。外れると、キチンと歯磨きの状態を監視出来なくなります。
磨く時間はおおよそ3分。その間、磨くべきところをアプリで表示されますが、見てないと分からない。これ良くないですね。何か、音なり振動で伝えてくれるとグッド👍。
一番の悪いところは値段。サンスターの公式オンラインサイトで購入すると、税込¥5,400。アタッチメントの中は、多分、加速度センサーとブルートゥースぐらいしかはいっていないはず。ちょっと高すぎ。アプリの機能に、歯ブラシの交換時期まで教えてくれそうなので、サンスターとしては歯ブラシが売れれば一番良いはず。なので、本体を¥2,000ぐらいにすれば、それなりに売れると思うのですが…。

独り言

三月から、煙の出ないタバコ、iQOSにしてます。iQOSとこれの相乗効果で、歯が白くなると良いなぁ(^^)v。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*