SONY DSC-RX100M3を使い始めて1ヶ月、簡単にレビューしてみる。

RX100M3を購入して1ヶ月ほど経ちました。簡単にレビューをしたいと思います。

レビューと言っても、ほとんどの写真がオート、またはシーン機能での撮影ですので、あまり細かい設定はしていませんっす。

最近の撮影対象が、食べ物(それもラーメン)ですので、シーンセレクションで料理モードを使用することが多いです^^;。

晩御飯20160619
最近、撮影したものです。良い感じですね。フルサイズのセンサー素子を使った一眼レフやAPS-Cサイズのものに比べれば、劣るのかもしれませんが、これだけ写れば、満足ですね。

屋外でのスナップ。
サンプル
オートで、バッチリ。

このデジカメを買う前は、iPhone6でほとんど済ませてました。つまりiPhone6だけでも十分な映り、オートでも満足できる仕上がり。オートモードでほぼ満足できる、これ、以前のデジカメでは難しい事でしたね。
オートはオートでも、プログラムオートで、白トビを防ぐ為に露出補正をする、そんな使い方でした。

とはいえ、不満が無いわけでは、有りません。
例えば、RX100で料理をシーンモードで撮ります。これがその絵、
Today's lunch 20160507

そして、iPhone6でただ、撮った絵がこちら、
Today's lunch 20160507

どちらが美味しそうに撮れているか、私にはiPhone6での方が好みですね。

もう一つ不満なところは、出た絵が歪んでいる様に見える事。例えば、この絵、
サンプル
このRX100M3の特徴は、広角端(35mm換算24mm)で、1.8の明るさなので、マクロ5cmまで寄ることが出来ます。美味しそうなラーメンをマクロで撮ると、本当に美味しそう。
でも、この広角端の為に、ゆがみが大きくなってしまいます。ここが不満な点です。

とはいえ、概ね満足で、ほとんど毎日、これで写真を撮ってます。
また機会があれば、レビューをしますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*