映画『テラフォーマーズ』、ハッキリ言って面白かったぞ!

テラフォーマーズ

黄金週間2日目、次男坊と映画『テラフォーマーズ』を観に行って来ました。実は次男坊はアニメ好きで、私と趣味が合っているんです。
例えば、今、テレビで放映中の『マクロスΔ』、『甲鉄城のカバネリ』。そんな次男坊がアニメ『テラフォーマーズ』が面白いよ、なんて言うので、一緒に映画鑑賞です(^^;;。
チケットをネットで購入すれば、時間ギリギリに到着しても、余裕で鑑賞🆗。便利になったものです。

ちなみに『テラフォーマーズ』とは、

火星の地表をある「コケ」と「ゴキブリ」を撒くことで暖め、人が住めるようにするという「テラフォーミング計画」。
西暦2599年、その計画の総仕上げとして、地表に残っていると思われるゴキブリの駆除をするために、15人の若者が火星へ旅立った。
小町小吉、秋田奈々緒をはじめとした貧しき若者たちは、この計画の参加報酬に、未来への希望をたくす。
だが、その希望は、火星到着後、すぐに断ち切られる。
彼らが駆除しようとしたゴキブリは、想定外の進化を遂げた「テラフォーマー」となり、人間たちを逆に駆除し始めたのだ…! こうして、宇宙船バグズ2号と、その20年後の宇宙艦アネックス1号の、二世代にわたるゴキブリとの大戦争が始まった!!

だそうです。ヤングジャンプ公式サイトより。

でね、感想です。
ちまたでは、駄作なんて酷評が多いみたいですけど、私は、とっても楽しく観ましたよ〜。原作を読んでないのも、先入観がなくていいのかも。
それ以上に、エンターテイメントとして、面白かった。かなり気合の入ったキャスティングだし、そのメンバーが、虫に変身してしまう。そして、なんだかキモイG(進化したゴキ)と戦う。
ツマラナイ映画は、途中で寝ちゃうし、時計ばかり気になる。それが、この映画には全く有りませんでした。
それなりにはキモイしグロイんで、観る為には覚悟は要りますけど、楽しめますよ〜。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*