今さらながら、iPhone6用ケースのまとめ。

Apple StoreオンラインでiPhone6を2014年10月1日に注文し、それから既に1年以上経ちました。

今まで、iPhoneは、iPhone3G、3GS、4、5、そして6と使ってきました。3GS以降は全て、SIMフリー版ですね。5までは、基本、ケースを付けないで使用していましたが、6はそのサイズ感、そして値段が高い事から、ケースが必要ですね〜。

まず、シェルタイプのカバー


ELECOM製のシェルカバーです。裸で使用する感覚に近く、色もクリアなので、見た目は良い感じです。でも、当然だけど突起や滑り止めがないので、iPhoneが手から滑り落ちそうになった事が何度かありました。

シリコンタイプ


Palmoケース
このシリコンカバーは、iPhone関係の中国からの情報満載の小龍茶館さんで知り購入しました。装着した感じは上の写真です。伸び縮みするシリコンラバー製のため、厚みはありますが、裸での使用に近いです。
指をiPhoneとシリコンの間に入れることで、iPhoneのホールドが安定し、片手でも操作できる様になります。
ただ、シリコンは使っていると少しずつ伸びてきて、iPhoneへの装着力が弱くなり、ポケットに入れたiPhoneを取り出す時に、このカバーが外れ易くなってしまいました。このあたりが改良されているともう一度、購入しても良いかなと思います。

手帳タイプ


結局、落ち着いたのは手帳型ケースでした。茶色の物は、2014年2月、黒いのはつい最近購入しました。手帳タイプだと、カバーを閉じている時は、iPhone全体をカバーしていますので、落とした時も、衝撃を和らげる効果が期待出来ますね。

How to hold my iPhone
使用する時も、こんな感じで指を挟むと、しっかりとホールド出来ます。
一つ、欠点が有ります。iPhoneのレンズが、奥まった位置になりますので、ホコリが溜まりやすいし、拭き取りがちょっと面倒です。

どのタイプを選ぶか

これはやっぱり好みの問題ですね〜。ここで紹介した、以外に、中国でアルミのバンパーを購入しましたが、電波の掴みが悪くなり、更にGPSの精度がダメダメになりました。
毎日使うものなので、iPhone自信よりもカバーの方が早くダメージを受けます。なのでそれなりに安価なものを選んで、定期的に交換するのが、気分転換にもなり良いと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*