2015年秋ドラマの感想など。

2015年の秋ドラマは良作が多かったです。その感想などを、



阿部寛主演 「下町ロケット」

これは、この秋、一番の話題作でした。私も一応、技術者なので、感銘する部分も多かったです。チョット、日本の場合、エンジニアがもう少し、正当に評価されるといいんですが。この番組の放映期間中に、三菱のMRJの初飛行のニュースが流れました。これを見て、帝国重工と重なって見えたのは、私だけでしょうか?

濱田岳主演「釣りバカ日誌」

“浜ちゃんがスーさんに”で話題になりました。以前、映画では、浜ちゃん役の西田敏行が、今回のテレビ版では、鈴木建設の鈴木社長役を演じる。期待してました。
私は毎回毎回、抱腹絶倒してました(^^)。単なるドタバタではない、絶妙な会話で笑わせる、新しい浜ちゃんとスーさんのコンビ、最高でした。最近の流れでは、テレビ版が好評だと映画化となってますが、この釣りバカ日誌は毎年、テレビ番組でシリーズ化して欲しい一作です。是非、お願いします、テレビ東京様m(._.)m。

新垣結衣主演「掟紙今日子の備忘録」

ガッキーの為のドラマ、などと酷評もある様ですが、私は楽しめました。
まだ、掟紙今日子の謎が完全に解明されてませんね。次期の放映に期待です。

椎名桔平主演「破裂」

NHK制作のドラマは、面白い物とそうで無いものがあるので、観る観ないの判断が難しいところ。これはアタリの部類に入ると思いました。
ただ椎名桔平と言う役者、私個人的にはあまり好きではありません。チョットダイコンぽいかな。

西島秀俊主演「無痛」

西島秀俊って役者、最初に観たのは、ストロベリーナイト。あの頃は、若くて、ちょっと熱くて良い役者だと思っていました。でもmozu辺りから、寡黙な男のイメージが強くなり過ぎで、今回の医者と言う役どころがシックリ来なかったですね。
でも、ドラマとしては、ミステリアスと言うかホラーな感じが良かったですね〜。最後の院長とイバラ君が院長室の窓を破り落下するところ、これはオチとしてはイマイチでした。

綾野剛主演「コウノドリ」

綾野剛の今までのイメージを変えました。こう言う役どころも意外とはまりますね。
物語は、毎回、難しい問題を抱えた出産で、観る方としては、かなり疲れます。もう少し楽な回も用意してくれれば、観やすかったと思います。
でも、良いドラマでした。

時間が無いなどと思いながら、6作も観てしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*