プラチナ万年筆 プレスマン 0.9mmシャープペンを買ってみた。

プレスマン

仕事の時も含め、ここ数年ずっと筆記用具はボールペンでした。入社したての頃は、機械系の学部を卒業したため、製図のためにドラフター(もしかしたら死後?)を与えられ、図面を書くにはシャープペンを使ってました。その後、手書きの図面は用済みとなり、何時しかシャープペンを使う事が無くなってました。




最近、こんな記事を見かけました。
“太芯”ブームに乗り、『プレスマン』がリニューアル! シンプルで軽くプロ好み+誰にも超実用的な0.9mm芯

なんかえらい気になる。値段も安いしね。

そんな訳で、密林で注文。

なかなか良いですね〜。設計してた時は、0.3mmが良いななんて思った事も有りましたが、この0.9mmと言う太さが、さらさら書けて気持ち良い。その上、全く折れない。このプレスマンの専用の芯は2Bと一般には柔らかい部類だと思いますが、あまり筆圧を加えなくてもちゃんと書けるので、全く問題無し。
細かい字や図形を書くのは無理かもしれませんが、メモをバリバリと書くにはぴったりかも〜。
芯の長さが長いので、すぐになくなる事も有りませんし。

お勧めです〜。是非お試しを…(^。^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*