中国、香港で使えるデータ通信用SIMカードを購入してみました。




香港、中国で使えるデータSIM

来週は、今年最後の中国出張です(^^)。そんな訳で、データ通信用のSIMカードを買ってみました。

中港 7日上網卡

中港の中は中国、港は香港を指し、上網はインターネット、卡はカードの意味です。

今回のは、7日間1Gまで通信できるものです。なぜ、このカードかと言うと、以前は中国でもプリペイドカードが比較的、簡単に購入出来ましたが、最近では外国人だとパスポートが必要だっり、店に行く必要が有るので、中国語がしゃべることとかなりハードルが高いです。

その上、中国のカードでは、facebookやTwitter、Line、Gmailが使えないので、不便です。日本のキャリアによふパケホーダイは、高すぎです。

このカードは、香港で発行されているため、中国ではローミング扱いとなるため、facebookなどが規制をされないというメリットがあります。

では開封してみましょう。

カードはこんな感じです。まあ、普通のカードですが、普通サイズのカード、マイクロSIM、ナノSIM、どのサイズでも使える様になってます。

今回はamazonで購入したためでしょうか、日本語の説明書が付いてました。

SIMカード本体

使い方は簡単

使っているスマホがSIMフリーならば、SIMを刺し、iPhoneならそのまま何もせずに使えると思います。Androidなら、アクセスポイントに3gnetを入力するだけで使えます。

もちろん、SIMフリーのモバイルルーターでも、問題無く使えるはずです。

7日間で1G以上は使えませんが、インターネットで手続きすれば、それ以上、使えるらしいです。

その他

このカードの他にも、何種類かあります。自分の旅行、出張予定に合わせて選ぶのがイイでしょう。

●これは上記カードとほぼ、同じですが、1ヶ月で3Gまで使えるもの

●こちらも1ヶ月で3Gまで使えますが、中国は広東省だけのもの。少し安いです。

今までのは、データ通信用ですが、電話も使えるタイプもありますので、探してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*