[中国生活]反日活動

みなさんも、報道でこの週末、15日、16日中国各地でデモが発生しその一部が暴徒化しているとのことご存知だと思います。

私もすでに2年半の駐在生活を続けていますが、このような大規模なものは無いと記憶しています。北京や上海、そして広州などは、デモが発生することは過去にもありました。しかし今回は私が住んでいる東莞市の片田舎の街でもとうとうデモが発生したわけです。

今回の反日活動の発端は、香港の活動家が尖閣諸島に上陸し、逮捕、国外退去から発し、日本の地方議員?の一行がやはり尖閣諸島に上陸したことから始まりました。
その時は確か、8月19日と26日の2日間、主要な都市でデモがあり、9月2日はデモが無かったと思います。19日は深センでもデモは一部が暴徒化し日本料理店を破壊し、日本車を燃やすと言う報道もありましたが、少なくとも9月2日頃は沈静化の方向に向かっていたと思います。確か9日も無かったと思います。

しかし、それが突然、また再燃を始めました。日本が尖閣諸島の所有者から買取り国有化するとの決定をしたからです。
なぜ、今国有化をする必要があるのか、現在中国で生活せざるを得ない自分としては本当に疑問です。

さて、中国人にも言いたい!
愛国心が悪いとは言いません。しかし国を愛する前に人として、道徳心は有るのでしょうか。ものを壊してはいけない、盗んではいけない、こんな簡単なことを学ぶ機会も無いのでしょうか?

とにかく、はやく沈静化することを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*