[独り言]電子書籍

ここ中国にいると日本の様子が分からないのですが(笑)、電子書籍端末がブレークしようとしているのでしょうか?
最近は、楽天からのKOBO、まだ日本では発表されていないアマゾンのkindle、Sony Reader。もちろんiPadもそのひとつかもしれませんね。

電子書籍は意外と昔から有って、私もクリエやW-ZERO3で利用した記憶があります。でも当時は対応フォーマットが違っていたりして、結局青空文庫を数冊読んだだけだったような気がします。

そんなわけで、自分も電子書籍ブームに乗ってみようと考えました。専用の端末を買うのも面倒ですし、せっかくですからiPhoneで読んでみようと思います。電池の持ちが心配ですが・・・・。

電子書籍を利用するにあたって、まずはどのストアを利用するのかを決める必要があります。まぁ、書籍の品揃えは何処も似たようなものですね。ただ、楽天のKOBOに関しては、つないでいるパソコンのIPアドレスを見ているようで、日本の書籍が検索できませんでした。
結果、紀伊國屋書店を使うことにしました。これは、iPhoneはもちろん、iPad、アンドロイド端末そしてPCでも読めるマルチ購読が可能ということで、決めました。

で、早速書籍をダウンロード。お目当ては北方謙三の「水滸伝」です。中国に来る前に数巻読んだだけでそのままの状態でしたので、続きを読むことにしました。現在8巻を購読中です。

中国は日本の書籍を買うのはほとんど無理で、香港まで行けば、日本の旭屋書店がありますが、そこまで行くのも面倒ですし、値段も高いので、この電子書籍は大歓迎です。

20120827-145050.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*