[独り言]いわゆる電子手帳からスマートフォンへ

今回は久しぶりに変わったエントリーをしてみます。

現在、iPhone4を使っています。iPhoneはすでにスマートフオンとして一定の地位を占めていますよね。今では誰もが知っていて、使っているGadgetといえます。
実は私、この手のガジェットが大好きなんです。そんなわけで、思い出に浸ってみようかと思います。

1. Zaurus(ザウルス)PI-3000
最初に買ったガジェットがこれです。Wikiをみると発売日が1993年10月1日と19年も昔の事です。まだ、この頃は通信なんて言うのは考えもしませんでしたが、これで住所録管理やスケジュール管理をしたものです。
すでに手書き認識による入力が備わっていましたが、私の書き方が悪いのか非常に認識率が低く、入力に苦労した記憶が蘇ります。結局、書き順が間違っていたとわかったのは、結構時間が経ってからでした。
PI-3000

2. WorkPad
Wikiによると1999年に発売との事。
もちろんこの頃もザウルスは健在でしたが、いろいろWebを見ているうちに、どうしても欲しくなり、サクッと購入しました^^。
手書き入力ですが、Graffitiと言う独特な手書き方式により、認識率も高く、非常に使いやすかったです。当時台湾に出張に行くことが多かったのですが、これで結構暇つぶしが出来ました。
また、これの赤外線通信機能を使うと、携帯電話経由で通信が出来るとのことで、わざわざNokiaの携帯を買ったのを覚えています。
workpad1

3. CLIE (PEG-T600C、PEG-NX80V)
WorkPadと同じPalm OSを搭載のソニー製のガジェットです。
結局2機種、買ったわけです。このころからWifi用のカードやデータ通信カードも一般的になり、これも購入していわゆるモバイルを始めました。しかし、まだまだPalm OSの実力かは解りませんが、通信は不安定でした。
clie600
clienx80

4. W-ZERO3 (初代、アドエス)
W-ZERO3は日本で初めてのスマートフオンといえるものだと思います。ですので通信機能が最初から付いていますし、もちろん通話もできます。
OSはWindows Mobile。
この頃から中国への出張が多くなり、中国語の辞書を入れて使っていました。
初代W-ZERO3
アドエス

5. iPhone(3、3GS、4)
まぁ、これは今更説明は不要ですね。今自分はこれが無いと生活できないと言っていいほどの存在です。

6. 番外編 XPERIA mini
中国へ駐在してから買いました。どうしてもアンドロイドOSが搭載されているものが欲しくなり、わざわざ香港で購入しました^^。
はっきり行って、スマートフオンとしては、動作も鈍く使い物になりません。ですので、今は仕事用のケータイとして使っています。アプリを起動させない状態で使用していますので、いがちとバッテリーのもちがよく、電話としては結構優秀だったりします。
R0011753
しかし、ここまで書くと、恥ずかしいですね。でも、iPhone5が出たらきっと、買うんだろうな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*