[読書]中国関連の書籍

こちらに来て、思った以上に時間があります^^;。その時間を何をして過ごすか、テレビを観る、ネットサーフィン(死語)をする、呟く、DVDを観る。と、有りますが、あんまり有効と言うか、単なる暇つぶしになってしまいます。

で、やっぱり、読書でしょ、と言うことで、本を読むことにしました。今回読んだ本は、週刊こどもニュースでおなじみだった、池上彰氏の「そうだったのか! 中国」です。
現在、自分が住んでいる国、そして日本からみれば、お隣の国なのに、はっきり言って、知らないことばかり。

近代化が始まった中国に、その真っ只中にいられて、変化を感じることができるかもしれません。あんまり、書くと批判的な言葉も出ちゃいそうなので、この辺でやめておきましょう。

今は、ごくフツーの小説を読み始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*